サイトロゴimage

簡単に通販での海外の医薬品を注文


病院で診察を受ける前にED治療に効果があるバイアグラを様々な商店の価格を比較し安価の金額で買う方法がある。 副作用がほとんどないバイアグラの正規品ジェネリックや、長いED治療効能のシアリスなどの薬を通販で医師の処方なしに安い値段で輸入する推薦の方法は、 通信販売業者を使用すれば簡単だ。 このことは薬事法の抵触がない方法だ。 違法がない。 また、プライバシーの保護を受けることができる。

海外からの個人輸入を代行するネット薬局をうまく利用して購入すると、医療機関からの処方箋の提示も必要なく、ファイザー社製の本物のバイアグラを簡単、廉価に自宅で買うことが可能である。 海外に出国して直接ED治療薬を販売するお店を探して薬を入手して、帰国時の通関手続きをしなければならない一連の業務にかかる手間を省くことができる。

o_4.jpg

海外の医薬品を通販するお店を使用するときには、インターネットで海外の薬販売店を訪れて、25 mg、50 mg、一番強かった100 mgの中で選択して注文する。 例えば、100mgは含まれる有効成分シルデナフィルの量が100mgをいう。 つまり、50mgの二倍なのだ。

参照サイト: 錠50mgの情報

バイアグラは安心して利用することができる安全な薬だ。 早漏にも効果があるレビトラとシアリスも同じだ。 薬の発起効果ははっきりして効能に問題はない、そして、副作用は軽微だ。体験談によると、顔のほてり、目の充血、頭痛などの副作用があるが、生活に支障を与える副作用はない。 バイアグラは用法を正しく守って使えば問題ない安全なED薬だ。 オンラインの個人輸入代行の薬局を利用して薬を買っても安心できる理由だ。

服用するED薬の種類を決定すれば、種々の医薬品販売サイトを比較して、信頼できるお店かを判別することが重要である。 推薦の正規品販売サイトを参考にするのも方法だ。

日本国内では製造されてないため、診療所では購入できない青い色のシルデナフィル100mgのバイアグラ錠剤を海外からの通販で買うことがが可能な場合がある。 バイアグラの口コミや体験談を見ると、服用者の大半は100mgを推薦している。 100mgが血管拡張に最も治療効果があるということだ。

本物のファイザーのバイアグラ100mgを買うことは、輸入代行を利用する最大のメリットだ。 日本で販売される日本新薬のバイアグラの場合はシルデナフィルの含有量50mgが最大値だ。 最近は日本の厚生省から承認された東和薬品株式会社のバイアグラジェネリックの場合も同様だ。

通常、バイアグラを購入する際、30錠単位から入手する。その理由は以下に示す。

性欲が発生して、バイアグラ1錠を服用すると、ペニス(陰茎)が勃起する。その発起の効果持続時間は約4時間だ。 通常、1日1錠の服用に限定されており、1ヵ月の安全な最大服用量は30錠だ。

1ヵ月に40錠は合法か違法か?日本厚生省の薬事法によると、一ヶ月に個人が輸入できるバイアグラは30錠に限定されている。 同じ種類のPDE阻害薬レビトラや、24時間の発起を持続する効果の時間があるシアリスも同様に月刊入手できる最大する数量30錠が適用される。 ジェネリックの場合も変わらない。

薬の価格は有効成分量が多くなると、支払う金額が高くなる。 効果が弱いのが短所ではあるが、シルデナフィルの含有量が少ない25 mgの場合は100mgと比較すれば、廉価に通信販売で買うことが可能である。

関連情報:
このサイトを見る
*上記サイトの内容は専門医療用ではありません。

口コミによると個人輸入代行店から通販で買う場合、診療所より確実に安く価格を節約することができる。 医療機関よりバイアグラ1錠の単価は約2200円だ、通販店では1000円程度の安い費用で個人輸入可能だ。 バイアグラの後発薬はもっと安い金額の200円で購入できる。 コストを抑えるには、輸入代行のネット薬局がお勧めだ。

通商的には薬の通販の価格には通関と配送までの手続きは含まれているが、郵送料、税金が含まれていない。 低価格の商店に注文するときには手数料があるのか、代金引換も可能かどうか、についても見て安心する際に注文しなければならない。偽物や偽造医薬品かどうか、 配達方法に問題はないか、を確認することも重要である。

日本国内で直接買う時にはクリニックを訪問して、診察料を支払って、医師から処方箋を受けて、病院、または薬局で販売するバイアグラについて薬価を別に支払わなければならない。