サイトロゴimage

勃起不全症状の初期兆候は性欲が減退すること


性についておとなしい男性たちが、勃起不全が生じる可能性が高いという。 研究員によると、性欲が減退するのは数年後の勃起不全症状の兆しかもしれないという。

800人を超える男性たちを対象にした研究で、性的な考えと欲求がより少ない人たちがより性的幻想や感情を持った人たちに比べてもっと早くEDを発展させるという。

この研究結果は減少した性機能の兆候がそうでない場合よりED症状が何年先に現われるというのだ。 これは勃起不全が発生する前に兆候の時間帯があるかも知れないということを暗示していると研究チームは言う。 この興味のある発見は、米国泌尿器科学会の年次会議で発表された。

その間多くの研究がEDに関する調査をしてきたが、勃起不全に対する非医療的な危険要因に対する研究はほとんどなかったという。

kr_012218_2.jpg

それで研究チームは、人口調査を通じて、米ボストン市周囲の40歳から70歳の男性の無作為のサンプルで現れる、老化、健康、成績機能に関する研究資料を調査した。

分析は、性機能と関連した23項目を含むアンケートを作成して提出受けてEDが全くない正常な勃起をする男性たちも含めた。

研究員らは年齢、他のEDの危険要因を考慮して分析調査した後に、次のような情報を発見した。

調査開始時点から6ヵ月間、発起に困難があったと報告された男性たちは同じ調査地域で勃起が正常な男性に比べて数年後にEDに発展する可能性が2倍以上高かった。

性的に興奮しないと主張している男性たちは興奮したと言う男たちに比べて数年後にEDを発展させる可能性が二倍も高かった。

性に対する考え方、幻想、性的な夢を一週間に1回以下に報告した男性たちはもっと頻繁な成績の考えと幻想を持った男性に比べてEDを発展させる可能性が高かった。

事情を一週間に一度以下に報告した男性たちはもっと頻繁に自衛をする男たちに比べてEDが二倍程度発達する可能性があるが、この場合の調査標本が少なかったため、研究結果に数値化することはできオッオッダコする。 泌尿器科専門医によると、そうすれば簡単に勃起しないことだという。

性欲減退とEDの発達の間にそんなに長い遅延時間があるという事実が泌尿器科専門医たちが早期に性機能喪失の危険がある男性を識別するのに役立つがあると言っている。

この研究は、国立保健院の資金支援とシアリスの製造会社リリー製薬会社から支援を受けた。

この研究は医学学術会議で発表されたが、この結果は、外部の専門家が医療雑誌に発表する前にデータを分析する同僚評価過程を経なかったため、予備結果としてみなされているという。 違う角度で勃起不全の原因、兆候を研究した調査と評価されている。

関連情報:
男性の勃起障害、性欲減退などの豆知識
性機能障害の基礎知識
*上記サイトの内容は専門医療用ではありません。

男性が性欲減退する原因と精力アップの方法
精力減退とは?
*上記サイトの内容は専門医療用ではありません。