サイトロゴimage

タダラフィルと肺動脈、高血圧


シアリスの活性成分と血圧医療薬剤の結合は肺動脈、高血圧疾患に役立つという。

ニュー・イングランド・ジャーナルに発表された結果によると、高容量のタダラフィルがアムブリセンタンと呼ばれる血圧薬物と結合すると、肺動脈、高血圧の進行を大幅に減らすという。

肺動脈血圧症はフィグィ疾病であり、複雑な疾病だ。 米国には約50,000人の人たちが患っている。 平均生存期間は診断を受けた後、約2年程度である。

*関連ページを見る: シアリスは前立腺がんの治療を受けた男性のEDは予防できない

肺動脈血圧は慢性的に息を足りないように作るが、これは、人々の血液が肺を通じて酸素を吸入するのに困難を経験するためだ。 これは結局、心臓が血液循環を体で維持するためにもっと頑張って根回しをしなければならないために心臓マヒにつながることになる。

研究員たちは肺動脈血圧患者500人を対象に臨床実験を実施した。 参加者の50%は、二つ薬物を投与されており、25%はタダラフィルだけを服用し、残りの25%はアムブリセンタンだけを服用した。

複合治療を受けた人たちは18%が死亡したり、肺動脈、高血圧が深刻に進んだが、これに対してアムブリセンタンやタダラフィルだけを服用した人たちは31%が死亡したり、肺動脈、高血圧が深刻に行われた。

kr_012318_1.jpg

結果的に、アムブリセンタンだけ服用する患者らは、複合薬剤の治療を受けた患者たちに比較する際、死んでいったり、入院を要したり、病気が深刻化する可能性が約2倍高かった。

重要なのはこの二つの薬物を使用するものが追加的な副作用を起こさないことが、臨床実験結果分かった。

関連情報:
GSK「肺動脈性肺高血圧症のアウトカム試験
タダラフィルによる初回治療としての併用療法が単剤療法に比べて治療失敗のリスクを低減させた」と発表
*上記サイトの内容は専門医療用ではありません。

このような勃起不全治療剤のシアリスの活性成分タダラフィルを含む結合治療法は主に女性に影響を及ぼす、この難病による死と入院を減らすことができるということを示している。

米国心臓病の大学のある専門医はタダラフィルとの複合使用は主に女性の患者らに追加の治療法として病気の進行過程の初期に提供されるという。 男性たちにも使用されるが、勃起不全治療はフォーカスしていないという。 肺動脈血圧患者の身体の状態は勃起不全症に置かれているのだが、もちろん全てではないが、患者たちに重要なことは、息をすることができず、心臓が止まっているということだからだと言う。

オチェッドゥンこの臨床研究結果は非常に鼓舞的なので、アムブリセンタンの製造会社はこの薬剤の肺動脈、高血圧疾患治療用として医薬品のラベルに追加されるように、米国食品医薬局に要請したという。

タダラフィルは、血管拡張を促進する酸化窒素という物質を分解する酵素であるPDE5を遮断する作用をする。 この薬を投薬したら、もっと多くの酸化窒素を使用可能になってきて、肺に供給する動脈がもっとよく膨張して血流を増加させることができる。

アムブリジェンタンは血管を収縮させる原因となる物質であるエンドセリンを抑制することで、活動している。 したがって、二つの薬剤を複合的に投薬すれば、ある薬物は血管の拡張を促進して、他の薬物は血管が狭まるのを防止する効果がある。

ちなみに、肺動脈、高血圧疾患の治療用としてタダラフィルを使用する人々は一日に40mgを服用するのに、勃起不全治療用の容量は一日に2.5~20mgの間を服用する。

ED薬製品通販をご案内のURL

*上記サイトの内容は専門医療用ではありません。