サイトロゴimage

勃起不全を減らすのに必要な要因


私たちは果物と野菜がいっぱいの健康した献立を食べて、規則的な運動をして、正常な体重を維持することが心臓まひや脳卒中の危険を減らすということを知っている。 それでは、このような生活様式の変化は勃起不全にはどのような影響を与えてくれるのだろうか。 新たな研究は、このような同一の生活方式の改善が、勃起不全を低下させるのに効果的であることを示している。

健康した献立、運動、体重調節がEDに貢献できる可能性が高いということだ。

kr_012318_2.jpg

事実、心臓動脈と勃起不全を減らすのに必要な要因はほぼ同じである:反対に危険因子もほぼ同じだ。 運動不足、過体重、糖尿病、喫煙、高い血中コレステロール数値、高血圧、そして悪い食習慣だ。 生活方式の変化だけでも心臓を治療することができ、脳卒中の危険も下げることで、同一の変化で勃起不全も治療できるという。

勃起不全はしばしば心臓疾患の診断5年前に現れた心臓疾患のリスク要因になることができる。 もし50歳以前の成人男性が勃起不全があれば、脳卒中、心臓麻痺、心臓病の検診を受けなければならないという。 つまり心臓にもっと大きな問題があるという警告表示ということだ。

平均年齢約55歳の740人の男性たちを研究したことからこのような結果が導き出された。

コレステロールを下げる薬を投薬受けるかないてる間にはっきりしたのは生活方式の変化は勃起不全を改善させ、血中コレステロール数値を下げることに役立てたいということだ。

熟練された臨床専門医に会って、問題を発見して持続的にネガティブな習慣をより良い生活習慣、食餌療法、運動、減量などを試みた健康な習慣へと変えるのに助けを借りなければならない。 もしかしたら、勃起不全治療薬の高い薬価が心臓麻痺やガンを誘発する不健康な生活方式に対して不安がらない男性たちに生活習慣の改善に対する動機を与えることができるという。