サイトロゴimage

神経の損傷はお医者が思ったよりはるかに勃起不全に大きな役割


神経の損傷が、勃起不全に及ぼす影響を示す研究を過小評価してはいけないという。

神経の損傷は今まで、医師たちが思ったよりはるかに勃起不全に大きな役割を与えることが明らかになった。 損傷された神経がEDに及ぼす影響がこれまで過小評価されてきたという。

スペインで成績で問題がある男性90人を対象とした研究によると、この男性らの約70%が神経損傷を患っており、ほとんどが末梢神経の損傷という新しい事実が発見された。

*関連ページを見る: バイアグラの通販についての話

神経損傷のより多くの兆候を見せてくれた男性たちは弱い神経障害の場合よりさらに深刻な性機能障害や勃起不全の症状が報告されたという。 今回の研究で、以前に発見されたEDの最も多い危険要因である心臓疾患や脳卒中は後回しになって神経の損傷が最もありふれた危険要因になったということだ。

kr_012918.jpg

研究員は勃起不全90人の男性たちからED機能の欠陥を測定して神経の損傷を実験する質問をした。 研究員はこの二つの条件から勃起不全がどれくらい頻繁に同時に発生するかを評価したかった。

実験結果の神経の損傷がEDを持った男性たちで非常に多いということが分かった。 勃起不全患者たちは神経障害のほかにも、ほかの要因を持っているが、神経の損傷がEDに最も大きな影響を及ぼした可能性があるということだ。

この研究は勃起不全と神経科の関連性についていくつかの重要な情報を与えたが、研究対象サンプルの数があまりにも少ないために相関関係に関するデータを一般化することは難しいという。 したがって、評価については、慎重に接近しなければならないという。

今回の研究の重要な成果は泌尿器科の専門医らがEDに対する潜在的な危険要因として患者たちの神経障害についても研究を始めなければならないということを勧告しているということだ。

米国泌尿器科学会によると、40歳以上の米国男性の約50%がED症状を持っているという。

同学会はEDに対する7大危険要因について次のように分類した。

  • ・年が50歳以上の
  • ・高血圧
  • ・脳卒中
  • ・喫煙
  • ・糖尿
  • ・心臓病
  • ・高いコレステロール

多くの医学的な問題が神経損傷を誘発する恐れがあるという。 しかしながら、健康な生活方式、規則的な運動、良質の食べ物を供給してもらうことそして適正体重を維持、など自らがよく管理すると、健康気を維持できるという。

関連情報:
EDの原因は様々です
*上記サイトの内容は専門医療用ではありません。