サイトロゴimage

勃起不全治療剤を6ヵ月間使用しとして、視力を失う結果を生むことはないだろう


研究員は勃起不全治療薬の使用が目の合併症を誘発しないということを発見した。

新たな研究結果によると、バイアグラやシアリスのような勃起不全治療剤を6ヵ月間使用しとして、視力を失う結果を生むことはないだろうという。

ED治療薬の発売後、日常的なこの薬の服用と関連して視力関連の副作用に対する憂慮が提起されたという。 バイアグラを毎日服用したり、シアリスを6ヵ月間服用した男性の間で服用前と比較して視力損失や他の目の合併症の比率を見せてくれないという。

関連情報:
ファイザー社のED薬
バイアグラの視覚に関する副作用について
*上記サイトの内容は専門医療用ではありません。

バイアグラやシアリスはホスホダイエースターレース5抑制剤(PDE5 inhibitors)とされる薬剤の一部で体内の血管にある陰茎の動きを妨害する酵素を抑制して勃起不全(ED)を治療する。

副作用としてPDE5抑制剤が服用者の長期的な視力損失またはダメージと関連した懸念が増大しているという。 それらが火傷を受け、伝達する目の一部である網膜と類似した化合物であるため、網膜に作用し、影響を与えるかもしれないからだ。

kr_012518_3.jpg

実際にこの薬を服用する人たちはかすかな視力、青い色を帯びた視力、そして光に対する遅刻を変えた場合もあったと報告された。

眼科記録保管所に発表された同研究の内容を見ると、研究員らは毎日、勃起不全治療薬バイアグラ50mgまたはシアリス5mgを30歳から65歳の健康な男性240人に無作為に服用させた。

関連情報:

イーライリリー社の医薬品
シアリス服用の注意点
*上記サイトの内容は専門医療用ではありません。

レビトラはED治療に使用された別のPDE5抑制剤、医薬品だが、今回の研究では除外された。

この男性らは、綱膜疾患を発見するために使用された心電図を含めて、6ヵ月前の投薬の状態と投薬の開始から6ヵ月後の状態について総合的な視力検査を受けた。

その結果、勃起不全(ED)の治療剤を服用した人やプラシーボ偽薬を使った人や、視力、機能テスト、眼球内の圧力、目の解剖学的評価において大差がなかった。

研究チームはPDE5抑制薬が網膜に化学的に直接影響を及ぼしかねないが、この影響がすでに報告された青色化の視力と光敏感度のような多くの副作用を起こすことができると明らかにした。 しかし、我々の結果は6ヵ月間、毎日タダラフィル(シアリス)5mgあるいはシルデナピル(バイアグラ)5mgこの臨床的に蓄積された損傷や否定的影響はなかったということを示すものだと語った。