サイトロゴimage

BPAの高い水準に露出された労働者は、性機能に問題が発生する可能性が高い。


BPAの非常に高い水準に露出された労働者は化学物質に職業上の露出を受けていない労働者たちより性機能に問題が発生する可能性が4倍以上高かったという。

以前の研究はBPAに露出された動物について研究したが、今回の研究は人間に発生する問題点について初めて分析したのだ。

研究員は中国のBPAに露出された男性労働者たちと職業的に化学物質に露出されていない米国の男性たちの性に関する機能を点数として比較した。

職業的に化学物質に露出されていない米国の男性と職業的に被曝した中国人男性たちの間のBPA数値は約50倍の違いがあると研究員たちは言う。

この研究でBPA露出労働者たちは露出されていない工場労働者らと比較すると、勃起不全、性欲減退など、性生活に対する満足度に大きな違いがあるという。 この結果は、BPAに対する高い露出と男性の勃起機能障害の間に明確な関連性があることを示唆する。

kr_012518_2.jpg

この結果は、BPAに露出があった完成品を利用する最終消費者つまり、利用者たちに向けた低いレベルの露出についても研究する必要があることを示唆する。

その間は動物に与えるBPAに関する実験の結果、最終利用者の健康に影響を及ぼすという考えを無視した。 しかし、これ以上そう考えることはできなくなった。

BPAはこの30年間、プラスチックボトルを皮切りに多くの製品の耐性を強く透明に作るのに使われてきた。 また、缶詰料理と多様な商業的な商品の裏地として使用された。

過去10年間、科学者らは、商業的な製品を通じたBPAの露出が、人類の健康を脅しているのかについて論争を繰り広げた。

職業上の露出のBPA数値では男性の生殖システム、勃起不全(ED)など、性生活に有害な影響を及ぼすという証拠が発見された。

クローン・ジャーナルに報告されたものを見ると、今回の新しい研究は職業的に被曝した男性たちのBPAの露出の数値が広範囲な地域社会の露出に比べて大きな差で高いために最終的に製品を利用するユーザの問題は取り上げなかったという。

ところが一角ではエンドユーザの問題においてはBPA問題を取り扱っていないため、化学物質に対する露出が安全な水準を形成しているとすることはできないということだ。 つまり、BPAの露出による影響に関する評価は明確しないため、消費者たちはBPAがない製品を探すべきだと語っている。

この研究結果の影響を受けたかは不明だが、赤ちゃん用の容器製造会社の聞いたBPAを含めたボトルを米国で販売や製造を中止すると発表した。

そして、プラスチック容器においてはBPAなしに製造されたというラベルがついた製品の販売が増加している。 缶詰食品においては内部の材質にBPAを含めているかを知ることができる方法がないため、BPAに露出された製品販売の減少を知ることができない。 しかし、これからは、消費者たちが雨BPA製品を要求したことによってこのような状況が変わるものと予想されている。

米国化学委員会では、今回麗句が興味深いテーマだが、BPAの追跡が可能な数値を持つ製品を使用する一般的な最終の消費者とは関係がないという。消費者のBPAの露出レベルはほとんどないか、測定されていないために、露出された工場の職員たちの間のBPAの露出の影響に対する研究報告とは関連がないと断言した。 性機能障害、特に勃起障害を誘発したというその影響というのも、自分の報告に依存しているために、もっと多くの研究が必要で、どんなまた、他の調査によると、BPAが製品の最終消費者の健康にほとんど危険ではないという意見もあるとした。