サイトロゴimage

放射線治療を受けている間、シアリスを投薬したが、男性の性機能に助けを与えなかった


放射線治療は前立腺がん患者に最もありふれた治療方法であるが、副作用として勃起不全が発生する。 放射線治療をしている間、ED治療薬を服用するのは意味がないという。

この研究によると、多くの男性が前立腺癌のための放射線治療を受けており、その後は勃起不全を経験しているという。 研究員は放射線治療過程で患者たちにシアリスを服用することで、勃起不全が予防されるかを調査した。

前立腺癌に対する放射線治療を受けている間、シアリスを投薬したが、男性の性機能に助けを与えてくれなかったという。 プラシーボ薬を投薬した時も、その結果においてはほとんど差がなかったという。

この研究は、放射線治療中に、シアリス、バイアグラ、レビトラなどと同じEDヤクジェウル投薬しても勃起不全を予防することができないという事実を明確に示しているという。

研究チームは、放射能治療が開始された時から、6ヵ月間、毎日、シアリスやプラシーボ薬を、前立腺癌にかかった240人の男に無作為に投薬した。

kr_012518_1.jpg

研究員は放射線治療を始めてから7ヵ月後にシアリスを投薬した人とプラシーボ薬を投薬した人を比較して成績の機能をテストしたが、その差がほとんどなかったという。

投薬を受けたシアリスの効果が全般的な性機能や満足度の発展面でも大きく関係がなかった。 シアリスを服用した男性のパートナーたちすら性的満足に重要だと感じることができる効果を受けなかったという。

このような結果の原因としては、放射線治療が引き起こす神経の損傷にいるという。 神経に損傷が行ったなら、シアリスと同じED治療薬は神経がなく血液循環にのみ影響を及ぼすために当然効果がないということだ。

結論は男性たちに前立腺癌のための放射線治療を受ける際にシアリスを使用する必要がないということだ。

この研究に問題があると思われる泌尿器科専門医グループもある。 彼らが問題視しているのは、研究データをすれば、患者たちの勃起がいいかどうかに対する判断は、患者らの主観的な反応だったということだ。 実際の発起について、本当の問題がいたのかどうかは知らないということだ。

また、他の泌尿器科医師たちグループではすべての治療法は、副作用を伴い、放射線治療を行えば、外科的に身体に当然損傷を負う可能性があるということだ。 また、主な治療は癌を治療することになるため、副作用があってもそのことは、副作用に過ぎず、後に解決できるという。 このような場合に発生している性機能の弱化は、たいていの場合、投薬やまたは他の方法で治療が可能という。 そのため、放射線の意思や泌尿器科専門医が協議してこの治療法を採択したというのである。

この研究報告書は米国医学協会・ジャーナルに発表され、シアリスのメーカーも研究費を支援した。

関連情報:
服用法をご紹介
シアリスの適正使用方法
*上記サイトの内容は専門医療用ではありません。