サイトロゴimage

医薬品の注文の違いとメリットについて


解禁されたばかりの医薬品のネットご注文について説明していきたいと思います。

2014年6月の薬事法改正に伴って、早速多くの薬局、薬店がネットご注文を開始しました。

しかしED治療薬ご注文は、以前からある個人輸入業者による医薬品のネット販売とはまったく違うものです。

従来、日本国内で一般医薬品を購入するには、薬局やドラッグストアなどの薬店でしか手に入れることはできませんでした。

これは販売されている一般医薬品のうち、使用法を誤れば危険を伴うことがあるために、薬剤師や販売員の適切な指導や説明なしに販売することが薬事法によって禁止されていたからです。

製品

しかし、今回の薬事法の改正に伴って、販売形態が緩和され、勃起不全薬通販ご注文が可能となったというわけです。

勃起治療薬販売の正否については、数年前から取り沙汰されていましたので、耳にした人も少なくないかと思います。

今回はED薬通販の正当性が認められてご注文可能となったわけです。

しかし、このED薬販売をするためにはかなりの規制が敷かれていることも確かです。

ED薬通販が可能だからといっても、誰でもがED治療薬通信販売を開始できるわけではありません。

「国内製ED医薬品」通販をするための第一条件となるのが、現在、薬局や薬店を経営しているところのみです。

ですから、薬剤師免許があるからネットED治療医薬品販売でも始めてみようという気軽なものではないのです。

それにネットでご注文できる医薬品は、現在店舗内で在庫として抱えている商品のみですから、ネット販売の一番大きなメリットである、受注発注営業が不可能です。

これは一般医薬品といえども、危険性が皆無でないことを重要視し、粗悪な業者が増加するのを防止するために取られた措置でしょう。

専門医

事実、この大きな括りがあるために、免許があるから簡単に開業できるという業種とは違い、参入することができるところは本当に限られてくるというわけです。

なんの免許も必要とせず、販売方法に規制がない個人輸入業者の勃起不全治療薬通販とは全く性質の違う、ネットご注文ということですね。ED薬バイアグラのご注文はこちらをお勧めします。